コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラコバト Streptopelia decaocto; Eurasian collared dove

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラコバト
Streptopelia decaocto; Eurasian collared dove

ハト目ハト科。全長 30~33cm。全身クリーム色がかった灰褐色で,後頸に黒色の横帯がある。尾羽基部が黒い。人家近くの疎林や農耕地にすみ,「くっ,くっくー」と鳴く。元来は南アジアに分布していたが,20世紀の終わりまでにはヨーロッパ中に広がり,中国北アフリカイギリスロシアウラル山脈東部などにも及んでいる。北アメリカではバハマなどに移入された鳥がフロリダ半島などに広がり,さらに分布を広げている。日本では,江戸時代鷹狩用に放鳥され,関東平野にすみついたといわれている。1948年には 30つがいまで減少し,埼玉県越谷市付近で見られるだけになったが,今日では数が増え,埼玉県,栃木県,茨城県,千葉県に繁殖分布を広げている。1956年に国の天然記念物に指定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シラコバト

ハト科の鳥。翼長17cm。全体淡灰褐色で後頸の黒色の斑紋が目立つ。ユーラシア大陸および北アフリカに分布するが局地的。日本へは移入されたものらしく,埼玉から千葉,茨城,栃木にかけて少数繁殖するだけで,天然記念物に指定され,また埼玉県の県鳥とされている。
→関連項目越谷[市]ハト(鳩)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラコバト
しらこばと / 白子鳩
collared turtle dove
[学]Streptopelia decaocto

鳥綱ハト目ハト科の鳥。東は日本、中国から、西はイギリスも含めてヨーロッパ全土まで、広く分布している。もともとは、中央アジア、それに中近東からミャンマー(ビルマ)にかけて分布していたらしいが、人間の東西の交流が盛んになるにつれて、分布が拡大した。アジア産のキジバト、ヨーロッパ産のコキジバトと同じように耕地や村落に多く、地上で草の種子や木の実を食べる習性があり、人家近くのこぼれた穀物を食べることによって分布が拡大したと思われる。ヨーロッパでは1920年代以降、北西へ分布を広げ数も増えたが、日本では江戸時代に鷹狩(たかがり)用の猛禽(もうきん)の餌(えさ)として輸入されたものが野生化したと推定される系統が、埼玉県越谷(こしがや)市を中心にすんでいるだけであり、国の天然記念物に指定されて保護されている。全長約27センチメートル、全身灰色であるが、風切(かざきり)と尾の基部が黒い。樹上に巣をつくり、2卵を産む。気候がよければ、3月から9月過ぎまで何度も繁殖する。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シラコバトの関連キーワードシラコバト(白子鳩)大宮公園小動物園ジュズカケバト埼玉県の要覧埼玉県越谷市埼玉[県]越谷(市)数珠掛鳩コバトンカイバト越谷

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android