コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラタマホシクサ(白玉星草) シラタマホシクサEriocaulon nudicuspe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラタマホシクサ(白玉星草)
シラタマホシクサ
Eriocaulon nudicuspe

ホシクサ科の一年草東海地方の湿地や水辺に生える。葉は叢生し細い線形で幅 3mm前後,長さ3~20cm。花茎は直立し高さ 30cm,頂上に径 5mmほどの白色球状の頭花をつける。頭花は多数の雄花と少数の雌花から成り,いずれもきわめて小さい。花期は7~9月。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シラタマホシクサ(白玉星草)の関連キーワードホシクサ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android