コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラヒゲウニ(白鬚海胆) シラヒゲウニ Tripneustes gratilla

1件 の用語解説(シラヒゲウニ(白鬚海胆)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シラヒゲウニ【シラヒゲウニ(白鬚海胆) Tripneustes gratilla】

ウニ綱ラッパウニ科の棘皮(きよくひ)動物。紀伊半島以南の浅海に分布し,殻の上に海藻や貝殻片などをつけていることが多い。白いとげが混じっていることからこの名がある。殻は径10cm,高さ6cmほどの丸みを帯びた五角形で上面はやや円錐形。大棘(だいきよく)は白色かまたは赤褐色で短く,先端がとがる。歩帯と間(かん)歩帯のそれぞれの中央部にとげのない黒紫色の縦帯が合計10本あるため,とげのある部分がはっきりしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシラヒゲウニ(白鬚海胆)の言及

【ウニ(海胆)】より

…タワシウニは殻を回転させて岩の穴を広げることができる。シラヒゲウニ,エゾバフンウニ,バフンウニなどは管足で小石や海藻片,ごみなどを殻の表面につけてカムフラージュするが,そのようなことはしないウニのほうが多い。アカウニの口の周囲やとげの間には,ムラサキゴカクガニや小型巻貝のアカウニヤドリニナやヤマモトヤドリニナなどが寄生し,ムラサキウニのとげの間にも全身黒紫色の小さなエビが隠れ,口の周囲には巻貝のキンイロセトモノガイが寄生する。…

※「シラヒゲウニ(白鬚海胆)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シラヒゲウニ(白鬚海胆)の関連キーワードアカウニ棘皮動物バフンウニ海蕾海林檎手蔓藻蔓ヤラッパ海胆金海鼠魚介類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone