コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラヒゲウニ(白鬚海胆) シラヒゲウニTripneustes gratilla

世界大百科事典 第2版の解説

シラヒゲウニ【シラヒゲウニ(白鬚海胆) Tripneustes gratilla】

ウニ綱ラッパウニ科の棘皮(きよくひ)動物。紀伊半島以南の浅海に分布し,殻の上に海藻や貝殻片などをつけていることが多い。白いとげが混じっていることからこの名がある。殻は径10cm,高さ6cmほどの丸みを帯びた五角形で上面はやや円錐形。大棘(だいきよく)は白色かまたは赤褐色で短く,先端がとがる。歩帯と間(かん)歩帯のそれぞれの中央部にとげのない黒紫色の縦帯が合計10本あるため,とげのある部分がはっきりしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシラヒゲウニ(白鬚海胆)の言及

【ウニ(海胆)】より

…タワシウニは殻を回転させて岩の穴を広げることができる。シラヒゲウニ,エゾバフンウニ,バフンウニなどは管足で小石や海藻片,ごみなどを殻の表面につけてカムフラージュするが,そのようなことはしないウニのほうが多い。アカウニの口の周囲やとげの間には,ムラサキゴカクガニや小型巻貝のアカウニヤドリニナやヤマモトヤドリニナなどが寄生し,ムラサキウニのとげの間にも全身黒紫色の小さなエビが隠れ,口の周囲には巻貝のキンイロセトモノガイが寄生する。…

※「シラヒゲウニ(白鬚海胆)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android