シラヒゲソウ(白鬚草)(読み)シラヒゲソウ(英語表記)Parnassia foliosa var. nummularia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラヒゲソウ(白鬚草)
シラヒゲソウ
Parnassia foliosa var. nummularia

ユキノシタ科の多年草。北海道と日本海岸を除く日本各地に分布する。山地の湿った草原などに生え,全体に毛はない。根生葉には長い柄があり,葉身は腎臓形または円形で基部は心臓形をなす。8~9月頃,高さ 15~30cmの花茎を伸ばし,先端に1個の白色花をつける。5枚の花弁の縁は糸状に深く裂けていることからこの名がある。全体がウメバチソウに似ているが,花茎に数個の葉をつけることと,この糸状に裂けた花弁とで区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android