コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラヒゲソウ(白鬚草) シラヒゲソウ Parnassia foliosa var. nummularia

1件 の用語解説(シラヒゲソウ(白鬚草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラヒゲソウ(白鬚草)
シラヒゲソウ
Parnassia foliosa var. nummularia

ユキノシタ科の多年草北海道と日本海岸を除く日本各地に分布する。山地の湿った草原などに生え,全体に毛はない。根生葉には長い柄があり,葉身は腎臓形または円形で基部は心臓形をなす。8~9月頃,高さ 15~30cmの花茎を伸ばし,先端に1個の白色花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シラヒゲソウ(白鬚草)の関連キーワード嵐草泡盛升麻銀梅草色丹草鳥足升麻草紫陽花白髭草乳茸刺ベルゲニアダイモンジソウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone