コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラヒゲソウ(白鬚草) シラヒゲソウParnassia foliosa var. nummularia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラヒゲソウ(白鬚草)
シラヒゲソウ
Parnassia foliosa var. nummularia

ユキノシタ科の多年草。北海道と日本海岸を除く日本各地に分布する。山地の湿った草原などに生え,全体に毛はない。根生葉には長い柄があり,葉身は腎臓形または円形で基部は心臓形をなす。8~9月頃,高さ 15~30cmの花茎を伸ばし,先端に1個の白色花をつける。5枚の花弁の縁は糸状に深く裂けていることからこの名がある。全体がウメバチソウに似ているが,花茎に数個の葉をつけることと,この糸状に裂けた花弁とで区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シラヒゲソウ(白鬚草)の関連キーワードユキノシタ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android