シラベ(調べ)(読み)しらべ

世界大百科事典 第2版の解説

しらべ【シラベ(調べ)】

(1)能の開演直前に,〈鏡の間〉で囃子方が奏する短い楽曲。元来は楽器の調子を整える意味があったが,のちに一定の形式ができ,それに従って奏する。能管,小,大鼓,太鼓(太鼓なしのときもある)の順に奏する。〈舞囃子〉や〈一調〉のときは楽屋で奏する。また,小鼓,大鼓,太鼓の2枚の革を結ぶ〈調緒(しらべお)〉(麻紐)を単にシラベと呼ぶこともある。(2)下座(げざ)音楽の用語で,時代狂言で大名屋敷大広間の場の開幕や出入りに用いる楽曲。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報