コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリアとイスラエル

1件 の用語解説(シリアとイスラエルの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シリアとイスラエル

67年の第3次中東戦争シリアゴラン高原イスラエルが占領。両国は90年代に米政府の仲介で間接協議を行ったが、クリントン米大統領時代の00年にゴラン高原の返還の範囲をめぐって決裂。次のブッシュ米政権はテロ支援国家に指定したシリアとの交渉そのものに反対した。イスラエルのオルメルト首相は昨年2月、トルコに仲介を要請。米政府も表だって反対せず、今年5月から新たな間接協議が本格化した。昨年9月にはイスラエルがシリアの核疑惑施設を空爆して緊張が高まったが、シリアは報復を控えている。

(2008-07-16 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シリアとイスラエルの関連キーワードエルサレムゴラン高原シナイ半島石油危機中東戦争イラクとシリア第3次中東戦争と占領中東包括和平構想中東戦争とパレスチナユダヤ人入植地

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シリアとイスラエルの関連情報