コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリアの化学兵器と化学兵器禁止機関

1件 の用語解説(シリアの化学兵器と化学兵器禁止機関の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シリアの化学兵器と化学兵器禁止機関

シリアは1970年代から化学兵器の保有を始めたとされる。米仏などの情報当局は、シリアが年数百トン単位の製造能力を持ち、サリンやVXガス、マスタードガスなどを合わせた保有量は現在、1千トン以上とみている。また貯蔵庫など約50カ所の関連施設があるとされる。内戦で国内の反体制派弾圧に使われたり、イスラム過激派に流出したりする危険性が指摘されていた。化学兵器禁止機関(OPCW)は1997年に発効した化学兵器禁止条約に基づき設立された国際機関。化学兵器の不拡散や全面禁止を目的とし、各加盟国の査察などを行う。本部はオランダハーグシリアの化学兵器使用疑惑で、国連調査団にOPCWの専門家9人が参加した。

(2013-09-15 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シリアの化学兵器と化学兵器禁止機関の関連キーワード化学兵器BC兵器化学兵器禁止条約遺棄化学兵器科学兵器光学兵器生物化学兵器シリアの化学兵器DM(化学兵器)DC(化学兵器)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone