コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリア・ガラス Syrian glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリア・ガラス
Syrian glass

古代シリアでつくられたガラス。今日のイスラエル,レバノン,シリアにわたる地中海沿岸では,前 15世紀頃に始ると考えられるガラス製作が,特にアクル,ティル,シドンアンチオキアなどにおいて,フェニキア時代からイスラム時代まで断続的に継続していた。特に最盛期は1~4世紀,10~15世紀で,前者の時代には一般にシリア・ガラスはローマン・ガラスの大部分を包括する意味に使われ,後者ではエナメル彩色を特徴とするイスラム・ガラスの一部を形成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シリア・ガラスの関連キーワードローマ・ガラス

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android