コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリア内戦

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シリア内戦

2011年、シリア各地で起きた反政府デモにアサド政権が武力弾圧を始めた。反体制派のほか過激派組織「イスラム国」(IS)などさまざまな勢力が入り乱れて複雑化。米主導の有志連合ロシア軍事介入もあり、泥沼化している。国連によると30万人以上が命を奪われ、人口2240万人の半分以上が家を追われた。うち国外に逃れ、トルコレバノンヨルダンを中心に難民として登録されているのは7月現在で、約514万人(うち子どもは約244万人)。

(2017-07-21 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

シリア内戦の関連キーワードイラク・シリア・イスラム国(ISIS)国連パレスチナ難民救済機関ヤルムーク難民キャンプパルミラ遺跡ジュネーブ2トルクメン人ヌスラ戦線二重難民山本美香

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シリア内戦の関連情報