コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリア文字 シリアもじ

大辞林 第三版の解説

シリアもじ【シリア文字】

アラム文字から分岐発展して成立した音素文字。母音字を表記しないところから、音節文字とする見方もある。アラビア文字と同様、右から左へ横書きする。のちのソグド・ウイグル・蒙古・満州文字などの基となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

シリア文字の関連キーワード大秦景教流行中国碑アルファベットアラビア文字ウイグル文字アラム文字ウイグル語アラム語音素文字音節文字満州文字シリア語蒙古

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android