コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリキウス シリキウスSiricius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリキウス
Siricius

[生]334頃. ローマ
[没]399.11.26. ローマ
ローマ出身の第38代教皇(在位 384~399)。聖人。教皇リベリウス(在位 352~366)から助祭に任じられたのち,384年12月にダマスス1世(在位 366~384)の後継者として教皇に選出された。現存する最古の教皇教令の文書であるシリキウスの書簡で,宗教上の規律に重点を置き,洗礼聖別叙階懺悔,禁欲などについて述べている。386年にタラゴナの司教ヒメリウス宛に書かれた教令は,聖職者に独身を命じたもので,この問題に初めて言及した教令である。教令のなかで,シリキウスは教皇の権威を誇示するため,違反者は罰せられると記した。また教皇を西方教会全体の主権者と位置づけ,そのための法も制定した。別の教皇教令では,使徒座への報告なしに司祭に叙階することを禁じた。祝日は 11月26日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シリキウスの関連キーワードディオニシウス・エクシグウスアナスタシウス1世ヨウィニアヌス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android