コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリギ Shirigi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリギ
Shirigi

モンゴル帝国の武将。モンケ (蒙哥) の第4子。 1267年河平王に封じられる。ハイドゥ (海都) の活動で元の西境が不安になると,世祖フビライ・ハンは 75年皇子ノムガンを国境防衛軍の総司令官としてイリ河畔のアルマリク地方に派遣し,シリギはこれに従軍した。 77年同じ軍中の諸王トゥク・テムルは世祖に不満をいだき,シリギを皇帝に推戴しようとし,ノムガンらを捕えてハイドゥ派に参加したが,やがてバヤンの指揮する元軍が到着してシリギをオルホン河畔に撃破した。その後,シリギはトゥク・テムルと対立し,結局トゥク・テムルを殺したものの,チャガタイの子サルバンに捕えられ,世祖のもとに連行され,海島に流されて余生をおくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シリギの関連キーワードノムガン(那木罕)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android