シリーズ広告(読み)しりーずこうこく(英語表記)series advertising

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シリーズ広告
しりーずこうこく
series advertising

一つのテーマや商品を題材とし、訴求内容を発展させながら、一定期間連続して同一の新聞や雑誌に順次広告を掲載したり、テレビCMを長期にわたって継続する手法の広告をいう。新商品を市場に定着させたり、あるいは成長過程にある商品のマーケットをさらに拡大したり、ロングラン・ブランドを育成していく場合に展開される。数回で終わるシリーズ広告もあれば、何年間も続けられるものもある。いずれにしても、キャンペーンが長期に及ぶため、その効果は大きく、当該企業や商品のファンづくりをすることができる、という特徴がある。しかも、連続して掲載した広告を集録し、小冊子にまとめ、各方面へ配布することによって、広告の増幅効果をねらう例も多い。例としてはサントリー株式会社の「私の書斎」(月刊誌)、「愛鳥」(全国紙)がある。いずれも活字媒体の企画として好評を博した。また、ロングランを続けているネスレ日本のシリーズ広告は有名である。1970年代に始まった「ネスカフェ・ゴールドブレンド」の「違いがわかる男」シリーズは16年間続き、1991年(平成3)からは「上質を知る人」シリーズとして復活、2000年から「違いを楽しむ人」シリーズとなり、25年以上シリーズCMを流し続けている。その根幹にある継続性continuityと首尾一貫性consistencyというブランド・エクィティ(ブランド資産)の醸成(じょうせい)を重視した同社の確固とした広告哲学をかいまみることができる。[伊藤誠二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シリーズ広告の関連情報