コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルトティル silttil

岩石学辞典の解説

シルトティル

砕けやすく緻密でない茶色から鈍い黄色のシルト.排水がよく行われ風化作用が十分行われた環境で形成されたもので,風化に抗して残った珪酸質の礫を少量含んでいる[Leighton & MacClintock : 1930].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

シルトティルの関連キーワードメソティル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android