コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルトベルガー シルトベルガーSchiltberger, Johann (Hans)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シルトベルガー
Schiltberger, Johann (Hans)

[生]1380. ローホーフ近郊
[没]1440頃
ドイツ中世の騎士で,探検家。早くから中東方面を旅行。 1396年にニコポリスの戦いで捕虜になり,長年バヤジッド1世チムール (帖木児) の軍隊に仕え,その間,小アジアエジプトなど各地を訪れ見聞を記録。 1427年に帰国し旅行記を刊行したが,これはドイツ語で書かれた最初の中東方面の旅行記で,東洋の事情を西洋に伝える役割を果した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シルトベルガーの関連キーワードボーメ度超音速旅客機シャルルシャルルクリコボの戦いシャルル(6世)ノルウェー文学順帝高串荘キシロース

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android