コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルバーウルフ章

1件 の用語解説(シルバーウルフ章の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シルバーウルフ章

ボーイスカウト運動の貢献者に贈られる功労章。狼の鼻先から尾までの長さが5・5センチ。1920年に12個作られ、第1号はパウエル卿が受章した。これまで約300個作られた。英国以外では元首クラスと元首に準ずるスカウターに贈られ、日本では21年、皇太子時代にジョージ5世戴冠(たいかん)式で英国を訪れた昭和天皇、31年にボーイスカウト発展に尽くした佐野常羽伯爵が受章。その後の受章者はいない。

(2006-04-05 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シルバーウルフ章の関連キーワードボーイスカウトカウボーイカブスカウトカウローバースカウト深尾韶三島通陽カウボーイ (cowpuncher)カウボーイ乗り (cowboy seat)カウボーイ蹄鉄 (cowboy shoe)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone