コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルバーストン曲線 シルバーストンきょくせんSilberston curve

世界大百科事典 第2版の解説

シルバーストンきょくせん【シルバーストン曲線 Silberston curve】

市場構造の一つの決定要因として重視されるのが,大規模生産の経済性である。イギリスの自動車産業を対象として,イギリスの経済学者マクシーGeorge MaxyとシルバーストンAubrey Silberstonは,自動車生産台数と平均費用との間には一つの顕著な関係が存在することを1959年に指摘した。すなわち,生産台数が増加するにつれて平均費用は低下するが,そのような傾向は10万台の水準まで明白に存在し,それ以上生産が増加しても平均費用はほぼ一定という関係がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android