コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シワノカワ

海藻海草標本図鑑の解説

シワノカワ

からだは平たい盤状体。単体では不規則な円形であるが,付近の個体と接するとからだがくっつきあってさらに不 規則な拡がりとなって生態写真のように個々の個体識別が難しい(何個体からなる塊か分からなくなる)。生長するにつれてからだは波打つような大きな凹凸が でき,シワがたくさんあるように見える。岩から剥がすと,裏面を隠すように曲がってしまう。細胞層を見ると表層細胞は色素を持った小さな細胞列が密に並ん でおり,髄層細胞は無色で円形の細胞からなるが,下部にいくにつれ長楕円形の細胞になり,最下部付近では糸状細胞となる。手触りは肉質で柔らかく,意外と もろい。濡れているときはヌルヌルとした粘りけがある。生体は褐色だが,乾くと黒っぽくなる。シワノカワの和名は千葉県房州地方の方言に由来しているらし い。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android