コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シワランソウモドキ

海藻海草標本図鑑の解説

シワランソウモドキ

からだは厚みのある膜質で,円形から楕円形に広がり,シワや裂け目がある。キノコの仲間のキクラゲを連想させる。幼体時には小さな円盤状であるが,生長に伴い辺縁部が岩上から離れて縁から内側に巻き込み,シワや裂け目が目立つようになる。冬から春までみられ,夏には消失する。群体性であり,切片写真では粘質中に細胞が散在する様子が確認できる。手触りは弾力があり柔らかい。生体は透明感のある濃緑色〜緑色であるが,干出時にはくすんだ緑色を呈する。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

シワランソウモドキの関連キーワードランソウモドキ