コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シワランソウモドキ

1件 の用語解説(シワランソウモドキの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

シワランソウモドキ

からだは厚みのある膜質で,円形から楕円形に広がり,シワや裂け目がある。キノコの仲間のキクラゲを連想させる。幼体時には小さな円盤状であるが,生長に伴い辺縁部が岩上から離れて縁から内側に巻き込み,シワや裂け目が目立つようになる。冬から春までみられ,夏には消失する。群体性であり,切片写真では粘質中に細胞が散在する様子が確認できる。手触りは弾力があり柔らかい。生体は透明感のある濃緑色〜緑色であるが,干出時にはくすんだ緑色を呈する。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シワランソウモドキの関連キーワード身光トーガ軟骨組織広楕円形楕円形針藺斑点病(テオシント)葉さび病(ブルーグラス)ダラースポット病(ベントグラス)褐斑病(シロクローバ)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone