シン ヒョンジュン(英語表記)Shin Hyun-joon

現代外国人名録2012の解説

シン ヒョンジュン
Shin Hyun-joon


国籍
韓国

専門
俳優

別名
漢字名=申/鉉濬

生年月日
1968/10/28

出生地
ソウル

学歴
延世大学体育学部卒

経歴
1990年イム・グォンテク監督「将軍の息子」で悪役の日本人・林を演じ映画デビュー。2003年大ヒットドラマ「天国の階段」でハン・テファ役を演じ、人気を獲得。日韓でシリーズ第3弾合作ドラマ「輪舞曲―ロンド」(2006年)にも出演し、日本でも活躍。文芸物、歴史物、娯楽大作など幅広くこなす。他の出演作に映画「若き日の肖像」(1990年)、「太白山脈」「銀杏のベッド」(’96年)、「ザ・ソウルガーディアンズ―退魔録」(’98年)、「アウトライブ―飛天舞」「ガン&トークス」(2001年)、「SSU」(2003年)、「無影剣」「家門の危機」(2005年)、「裸足のギボン」(2006年)、テレビドラマ「風の息子」(1995年)、「ウェディング・ドレス」(’97年)などがある。

受賞
大鐘賞(新人男優賞)〔1992年〕「将軍の息子2」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android