コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンガポールのアラブストリート シンガポールのアラブストリート

1件 の用語解説(シンガポールのアラブストリートの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シンガポールのアラブストリート【シンガポールのアラブストリート】

中華系、マレー系、インド系、アラブ系などの多民族国家シンガポールでアラブ系の人々が暮らすエリアシティの北、ロコール運河を挟んだ南側にある。運河の北側はインド人街になっている。19世紀にアラブ人がシンガポールに香料や砂金を持ち込み栄えたが、その後イスラム教徒が集まるようになり街を形成した。このエリアには1824年建造のサルタンモスクがあり、雑貨や民芸品、布地、籐(とう)製品を扱う店が軒を連ねている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンガポールのアラブストリートの関連キーワード競走馬アングロアラブアラブレーヴェアラブレーベ東インドエミレーツオシレーター系・トレンド系軽種馬 (light breed horse)軽種(馬) (light breed horse)シャギア・アラブ種 (Shagya Arab)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone