シンガポールのアラブストリート

世界の観光地名がわかる事典の解説

シンガポールのアラブストリート【シンガポールのアラブストリート】

中華系、マレー系、インド系、アラブ系などの多民族国家シンガポールでアラブ系の人々が暮らすエリア。シティの北、ロコール運河を挟んだ南側にある。運河の北側はインド人街になっている。19世紀にアラブ人がシンガポールに香料砂金を持ち込み栄えたが、その後イスラム教徒が集まるようになり街を形成した。このエリアには1824年建造のサルタンモスクがあり、雑貨や民芸品、布地(とう)製品を扱う店がを連ねている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android