コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンガポールの外国人受け入れ政策

1件 の用語解説(シンガポールの外国人受け入れ政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シンガポールの外国人受け入れ政策

少子化が進む中で外国人の受け入れを進めているが、富をもたらす者を優遇する一方、単純労働者を厳しい管理下に置く。政府は03年以降、企業への出資や住宅購入などシンガポールでの投資額が100万~200万シンガポールドルに達した人に永住権を与える制度を設けた。先端技術研究者にも優先的に永住権を与える。建設労働者やメードなど約50万人とされる単純労働者は住む場所を限られ、永住権保持者との結婚は禁止。女性は年2回の検査を受け、妊娠がわかれば帰国させられる。

(2009-04-04 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンガポールの外国人受け入れ政策の関連キーワード外国人研修・技能実習県内の少子化千葉県農業協会訪日外国人旅行者名古屋市の2次救急輪番外国人看護師・介護福祉士の受け入れ外国人労働者の受け入れと研修・技能実習制度EPAに基づく外国人の介護・看護候補者受け入れEPAによる看護師、介護福祉士候補者受け入れEPAによる看護師、介護福祉士の候補者受け入れ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone