コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンガポールの精神医療

1件 の用語解説(シンガポールの精神医療の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シンガポールの精神医療

唯一の国立精神科病永IMH)の病院としての歴史は、1920年代にさかのぼる。国の精神医療を象徴する病院が、長く隔離収容型の病院だったことも影響し、国民に精神病や精神科病院に対する負のイメージが強い。本人や家族が精神科病院で治療を受けることを嫌うため、90年代後半は、発病から病院で診察を受けるまでの「未治療期間」が日本や欧米の約3倍、33カ月に達していた。01年からIMHを中心に早期発見、治療を目指すプログラムが始まった。

(2007-02-09 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンガポールの精神医療の関連キーワード精神科精神科病院精神病院癲狂院松沢病院精神科学療法安房医師会病院浜田晋

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone