コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンガポールの選挙制度

1件 の用語解説(シンガポールの選挙制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シンガポールの選挙制度

14の集団選挙区(計75議席)と9の小選挙区(計9議席)の全23選挙区(計84議席)で行われる。集団選挙区は、各政党の5~7人のグループで競い、最多得票のグループが選挙区の全議席を獲得する。人材や資金に乏しい野党には候補擁立が難しいため、与党・人民行動党(PAP)に有利な選挙区割りと合わせ、結果としてPAPの一党支配の維持につながっている。

(2009-04-18 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンガポールの選挙制度の関連キーワード選挙区地域代表制小選挙区比例代表併用制小選挙区大選挙区中選挙区タイ総選挙台湾の立法院と選挙ドイツ総選挙ドイツの選挙制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone