コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンノウヤシ

百科事典マイペディアの解説

シンノウヤシ

インドシナ,アッサム原産の小型のヤシ。室内装飾用に鉢植として多く栽培され,葉は生花に用いられる。高さ3〜4mになり,頂部に長さ30〜60cmのやわらかい羽状複葉を30〜40枚つける。
→関連項目フェニックス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のシンノウヤシの言及

【フェニックス】より

…また鉢植えとし室内装飾用とするほか,花序を生花用とする。シンノウヤシP.humilis Royle var.loureirii Becc.(英名pygmy date palm)は普通,鉢植えとして室内装飾用とされるやや小型のヤシで,高さ2~3mに達する。普通にはP.roebelenii O’Brienの学名で知られ,園芸業者はロベと称している。…

※「シンノウヤシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シンノウヤシの関連キーワードフェニックス(ヤシ科)インドシナ実生

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android