コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーメンスハウス シーメンスハウス Siemens Haus

1件 の用語解説(シーメンスハウスの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シーメンスハウス【シーメンスハウス】
Siemens Haus

ドイツ中北部、ニーダーザクセン州の都市ゴスラー(Goslar)のベルク通りとシュライバー通りの角に建つ建物。ゴスラー中央駅(Goslar HBF)から1.5kmほど、徒歩で約15分の場所にある。ミュンヘンに本拠を置く世界的大企業シーメンス・アーゲー(Siemens AG)の創設者の先祖が1693年に建てた家で、ゴスラーで最も規模が大きく、かつ保存状態のよいバロック様式の建物となっている。現在もシーメンス家が所有している。毎週火曜日木曜日の午前10時から正午まで、建物の内部を一般に開放している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーメンスハウスの関連キーワードウォルフスブルクシュターデツェレハノーバーヒルデスハイムアウトシュタットゴスラーニーダーザクセンヘレンハウゼン王宮庭園ミュンデン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone