ジェネー(読み)じぇねー(英語表記)Dame Adeline Genée

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェネー
じぇねー
Dame Adeline Gene
(1878―1970)

デンマーク生まれのイギリスのバレリーナ。ロンドンのエンパイア劇場に1897年から10年間在籍し、『コッペリア』の主役スワニルダを当り役とした。ディアギレフのロシア・バレエ団のヨーロッパ公演により、新たな人気バレリーナ、アンナ・パブロワ、カルサビナがロンドンに現れ、彼女の人気は去った。1920年から約30年間、ロイヤル・アカデミー・ダンシングの会長を務め、50年にデイムに叙せられた。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェネーの関連情報