コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェルベール[オーリヤックの] Gerbert

1件 の用語解説(ジェルベール[オーリヤックの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジェルベール[オーリヤックの]【Gerbert】

940ころ‐1003
ラテン名ゲルベルトゥスGerbertusフランスの聖職者,教育者で,数学と天文学に長ずる。999年にオットー3世の推挙でフランス人としてはじめてローマ教皇となり,以後シルウェステル2世Silvester IIと称する。オーベルニュオーリヤックAurillacに生まれ,若き日にバルセロナ伯のボレル2世に引きとられ,このカタルニャの地でいちはやくアラビアの学問に接し,それを吸収した。のちにランス司教座聖堂付属学校でこうした新知識に基づいて多くの弟子たちを教え,高い名声を得,ザクセン家の師傅となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のジェルベール[オーリヤックの]の言及

【中世科学】より

…またエリウゲナは独自な自然論を展開し,その宇宙論はT.ブラーエの天文体系に近づいたともいわれている。 10世紀になるとアラビア科学との接触がはじまり,のちに教皇シルウェステル2世となるオーリヤックのジェルベール(ゲルベルトゥス)はカタルニャの地でアラビア学術に接し,これをもってフランスで多くの弟子を教え,大きな影響を与えた。またコンスタンティヌス・アフリカヌスConstantinus Africanusはアフリカの地でアラビア医学を学び,それを翻訳し,サレルノの医学校の興隆を大いに刺激した。…

※「ジェルベール[オーリヤックの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジェルベール[オーリヤックの]の関連キーワードテルトゥリアヌスベルベル語アルベルトゥスマグヌスラテン民族エンゲルベルクシュテッヘルベルクトゥトゥバイブルベルト羅甸ゲッツ/ジルベルト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone