ジェローン クラッブ(英語表記)Jeroen Krabbé

20世紀西洋人名事典の解説

ジェローン クラッブ
Jeroen Krabbé


1944 -
オランダの俳優
祖父、父が画家という家庭環境に育ち、美術アカデミーに進むが途中で演劇転向、一度復学するが卒業後は再び演劇の道を歩み俳優となる。シェイクスピアやノエル・カワードの劇に出演イギリススペインでも演技賞を受賞、名を上げる。1981年渡米、TVM「第三次世界大戦」(’81年)、「007/リビング・デイライツ」(’87年)等に出演、悪役として売り出す。’85〜86年オランダで「アンネの日記」に父親役で舞台に出演、演出もてがける。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android