コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェンダー医学 じぇんだーいがくgender‐specific medicine

知恵蔵の解説

ジェンダー医学

ジェンダー医学の定義は、まだ定まっていない。狭義には男女の性器を主とした疾患、男性・女性特有の疾患、性同一性障害などについての医学を指し、広義には、さらに社会医学的な女性保健(women's health)問題までも包含している。ジェンダーという言葉は、元来、社会・文化面での男女の性差を意味し、それまでの男性優位の社会から、男女平等の社会に改革することを目的とするフェミニズム運動の中で、ピル(低用量ピル)や人工妊娠中絶などの医学・医療に関する問題も大きく取り上げられてきた。ジェンダーを意識させる原因の1つに、生物学的・医学的側面での性差が挙げられる。これまで産婦人科を除いて、男女差を意識することなく、診断、予防、治療が行われてきた。しかし、最近では、すべての診療科でジェンダーが重要な問題であると認識されるようになってきている。そのような事情から、ジェンダー医学という言葉も生まれてきた。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android