ジェーン・エア(英語表記)Jane Eyre

世界大百科事典 第2版の解説

ジェーン・エア【Jane Eyre】

イギリスの女流作家シャーロット・ブロンテ(ブロンテ姉妹)の小説。1847年刊。孤児ジェーンが世の無理解や迫害にも負けず,雄々しく生きた様をみずから語る。筋はややメロドラマ的であるが,女主人公の激しい情熱が読者の胸を打ち,発表と同時に爆発的好評を博した。彼女が男性中心の偏見におとなしく順応することなく,男性の愛玩物になることを拒否して,女性独自の権利を強く主張したことも,画期的事件と評価された。【小池 滋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジェーン・エアの言及

【ブロンテ姉妹】より

…エミリーの《嵐が丘》と,アンの《アグネス・グレー》は,やっと出版社が見つかり,それぞれ1847年に日の目を見たが,ほとんど黙殺ないし悪評で葬り去られてしまった。シャーロットの《教授》は出版社が見つからないため,彼女は第2の小説《ジェーン・エア》を書いたが,これがロンドンの出版社に受け入れられ,同じ47年刊行されたところ,爆発的人気を呼んだ。そのうえ作者が人里離れた寒村出身の女性であることが判明して,シャーロットは一躍ロンドンで人気を浴び,文壇に華やかなデビューをした。…

※「ジェーン・エア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェーン・エアの関連情報