コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオパーク(地質遺産自然公園)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジオパーク(地質遺産自然公園)

地域の地質現象などがよくわかる地質遺産を多く含む場所。公園として保護し、観光資源や教育の場とすることにより地域の持続可能な社会・経済発展を図る。ユネスコが支援する世界ジオパークと、その前段階にあたる日本ジオパークがあり、関係組織が審査、認定する。国内では、北海道の洞爺湖有珠山や山陰海岸など5地域が世界ジオパークに、南アルプス阿蘇、箱根など20地域が日本ジオパークに認定されている。

(2013-08-08 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ジオパーク(地質遺産自然公園)の関連キーワード天草私立御所浦白亜紀資料館世界ジオパークと浦富海岸鳥海山・飛島ジオパーク桜島・錦江湾ジオパーク伊豆半島ジオパーク山陰海岸国立公園東京都渋谷区神南ジオツーリズム新潟県糸魚川市山陰海岸学習館三陸ジオパーク江戸むらさき阿蘇カルデラランカウイ島世界地質遺産大沢あかね神尾和希子ビビる大木柳原哲也野村浩二

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android