コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオパーク(地質遺産自然公園)

1件 の用語解説(ジオパーク(地質遺産自然公園)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジオパーク(地質遺産自然公園)

地域の地質現象などがよくわかる地質遺産を多く含む場所。公園として保護し、観光資源や教育の場とすることにより地域の持続可能な社会経済発展を図る。ユネスコが支援する世界ジオパークと、その前段階にあたる日本ジオパークがあり、関係組織が審査、認定する。国内では、北海道洞爺湖有珠山や山陰海岸など5地域が世界ジオパークに、南アルプスや阿蘇、箱根など20地域が日本ジオパークに認定されている。

(2013-08-08 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジオパーク(地質遺産自然公園)の関連キーワード斉一説地史地質断面図地質柱状図ジオパーク地質物が分かる地質圧力計斉一説(地学)湊正雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジオパーク(地質遺産自然公園)の関連情報