コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジガバチソウ(似我蜂草) ジガバチソウLiparis krameri

1件 の用語解説(ジガバチソウ(似我蜂草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジガバチソウ(似我蜂草)
ジガバチソウ
Liparis krameri

ラン科の多年草。日本および朝鮮半島の温帯から暖帯にかけて分布し,山林下の岩上や朽ち木の上にコケなどとともに生える。2枚の葉が向き合ってつき,クモキリソウの葉によく似ているが,花の唇弁がそり返らず,その先端が長い尾状になる点や,2枚の側萼片が唇弁の裏側に密着することなど,花の形態が異なるので,花があれば区別は容易である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone