ジガバチソウ(似我蜂草)(読み)ジガバチソウ(英語表記)Liparis krameri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジガバチソウ(似我蜂草)
ジガバチソウ
Liparis krameri

ラン科の多年草。日本および朝鮮半島温帯から暖帯にかけて分布し,山林下の岩上や朽ち木の上にコケなどとともに生える。2枚の葉が向き合ってつき,クモキリソウの葉によく似ているが,花の唇弁がそり返らず,その先端が長い尾状になる点や,2枚の側萼片が唇弁の裏側に密着することなど,花の形態が異なるので,花があれば区別は容易である。夏に,1本の花茎を出し淡緑または紫褐色の花をつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android