コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジギスムントの改革案 ジギスムントのかいかくあんReformatio Sigismundi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジギスムントの改革案
ジギスムントのかいかくあん
Reformatio Sigismundi

1439年に現れ,16世紀初めまでしばしば版を重ねて流布したドイツ帝国改革論のパンフレット。筆者は不明だが下級聖職者と推定される。教会の世俗化農奴制を攻撃し,民衆の手による社会・政治体制の変革をキリスト教の立場から主張,15世紀後半の農民一揆や 1525年の大農民戦争に大きな影響を及ぼした。ジギスムントとは神聖ローマ皇帝ジギスムント (在位 1411~37) の名をかりたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジギスムントの改革案の関連キーワードブントシューの一揆

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android