コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジギスムントの改革案 ジギスムントのかいかくあん Reformatio Sigismundi

1件 の用語解説(ジギスムントの改革案の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジギスムントの改革案
ジギスムントのかいかくあん
Reformatio Sigismundi

1439年に現れ,16世紀初めまでしばしば版を重ねて流布したドイツ帝国改革論のパンフレット。筆者は不明だが下級聖職者と推定される。教会の世俗化や農奴制を攻撃し,民衆の手による社会・政治体制の変革をキリスト教の立場から主張,15世紀後半の農民一揆や 1525年の大農民戦争に大きな影響を及ぼした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジギスムントの改革案の関連キーワード誤読しばしばしばしば目びしばし骨までしゃぶる夢枕に立つ指箸初めましてアンボン島石川県鹿島郡中能登町西馬場

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone