ジノ フランセスカッティ(英語表記)Zino Francescatti

20世紀西洋人名事典の解説

ジノ フランセスカッティ
Zino Francescatti


1902.8.9 - 1991.9.17
フランスのバイオリン奏者。
マルセーユ生まれ。
本名ルネ フランセスカッティ。
パガニーニ孫弟子にあたる父に手ほどきを受け、のちチボーに師事した。1924年にパリでデビューし、’31年から独奏者として欧米で活躍、特にロベール・カザドシュとの二重奏で世界的な名声を博した。第二次大戦後は米国に定住し国際的に活躍。主なレコードに「イタリア・ヴァイオリン名曲集」、バッハの「ヴァイオリン協奏曲集」(グラモフォン)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android