コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジハンギール・ホージャ Jihāngīr Khwāja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジハンギール・ホージャ
Jihāngīr Khwāja

[生]1783/1790
[没]1828. 北京
清朝東トルキスタン (回部) のイスラム教徒反乱,特に 1826~27年のホージャ家聖戦の中心人物。中国,清朝の史料では張格爾,扎罕格爾と写される。清朝軍に追われてコーカンドに逃れたカシュガル・ホージャ家のサリムサクの二男。 19世紀初め頃からしばしば以前の本拠地カシュガルを奪回しようと試みた。結局コーカンド・ハンによる保護軟禁状態を脱して,1826年にはコーカンド人,キルギス人,ウイグル人などと結んでカシュガル,ヤンギ・シャフルを中心とするタリム盆地西部を制圧した。しかし9ヵ月後に敗退して清朝軍に捕えられ,北京で刑死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジハンギール・ホージャの関連キーワード平定回疆方略

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android