コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジハンギール・ホージャ ジハンギール・ホージャJihāngīr Khwāja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジハンギール・ホージャ
Jihāngīr Khwāja

[生]1783/1790
[没]1828. 北京
清朝東トルキスタン (回部) のイスラム教徒反乱,特に 1826~27年のホージャ家聖戦の中心人物。中国,清朝の史料では張格爾,扎罕格爾と写される。清朝軍に追われてコーカンドに逃れたカシュガル・ホージャ家のサリムサクの二男。 19世紀初め頃からしばしば以前の本拠地カシュガルを奪回しようと試みた。結局コーカンド・ハンによる保護軟禁状態を脱して,1826年にはコーカンド人,キルギス人ウイグル人などと結んでカシュガル,ヤンギ・シャフルを中心とするタリム盆地西部を制圧した。しかし9ヵ月後に敗退して清朝軍に捕えられ,北京で刑死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジハンギール・ホージャの関連キーワード天明の飢饉ヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフ唐衣橘洲山内道慶パリ条約カント(年譜)

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone