コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジフェニルアルシン酸

1件 の用語解説(ジフェニルアルシン酸の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ジフェニルアルシン酸

有機ヒ素の一種で、旧陸海軍の毒ガス「ジフェニルシアノアルシン」(くしゃみ嘔吐剤)の原料。2003年に茨城県神栖市で起きた地下水による健康被害の原因物質。環境省による住民の疫学調査で頭痛や腹痛などの症状が出ている。有機ヒ素は下痢や神経毒性を起こすことが動物実験で確認され、今年7月、国の食品安全委員会の食品健康影響評価の会合で報告された。

(2012-10-01 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジフェニルアルシン酸の関連キーワード教官准士官判士陸海嚔ガス工廠DMガス臭化シアンチチハル市での毒ガス事故平塚の汚染土壌

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone