コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジベルばら色粃糠疹 じべるばらいろひこうしんPityriasis Rosea Gibert

家庭医学館の解説

じべるばらいろひこうしん【ジベルばら色粃糠疹 Pityriasis Rosea Gibert】

[どんな病気か]
 小児から青年期に多く、胴体(どうたい)を中心に直径0.5~3cm大で楕円形(だえんけい)の淡い紅色の斑(はん)が急速にたくさんできます。放っておいても1~2か月で自然に治ります。
 春・秋に多くみられること、2度かかる人は少ないことから、ウイルス感染症ではないかと考えられています。
 急速に広がることから、薬疹(やくしん)(アレルギー反応)、ウイルス感染症との区別が必要です。
 治療には、抗ヒスタミン薬副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンの軟膏(なんこう)が使われます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

ジベルばら色粃糠疹の関連キーワード体部白癬(斑状小水疱性白癬/たむし/ぜにたむし)

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android