コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジミー原田 ジミー はらだ

3件 の用語解説(ジミー原田の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジミー原田 ジミー-はらだ

1911-1995 昭和-平成時代のジャズドラム奏者。
明治44年12月10日生まれ。昭和3年神戸のダンスホールの専属となり,12年「ジミーエバンス&ヒズ・オーケストラ」を結成。戦後も関西を中心に活動し,45年本拠地を東京銀座にうつす。のち戦前の仲間とバンドを結成,80歳すぎまで現役として活躍した。平成7年5月12日死去。83歳。神奈川県出身。本名は原田譲二

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

ジミー原田
ジミーハラダ

昭和・平成期のジャズ・ミュージシャン



生年
明治44(1911)年12月1日

没年
平成7(1995)年5月12日

出生地
神奈川県横浜市

本名
原田 譲二(ハラダ ジョウジ)

学歴〔年〕
セント・ジョゼフ・カレッジ

経歴
外国人の血の混じった両親の間に生まれる。神戸の貿易会社を経て、17歳でジャズドラマーとしてデビュー。昭和12年ジミー・エバンス&ヒズ・オーケストラを結成以来一貫してホテルクラブで活躍。55年からオールドボーイズ・オールスターズのリーダーとなり、テレビコンサートに出演。現在はエバグリーンを率いて銀座のジャズクラブなどで定期的にライブを展開している。この間、60年に日中ジャズ交流を実現し、上海で公演した。平成4年敬老の日タンゴバイオリニスト・松本信三と60年ぶりに競演。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

ジミー原田
ジミーハラダ


職業
ジャズ・ミュージシャン

本名
原田 譲二(ハラダ ジョウジ)

生年月日
明治44年 12月1日

出生地
神奈川県 横浜市

学歴
セント・ジョゼフ・カレッジ卒

経歴
外国人の血の混じった両親の間に生まれる。神戸の貿易会社を経て、17歳でジャズ・ドラマーとしてデビュー。昭和12年ジミー・エバンス&ヒズ・オーケストラを結成以来一貫してホテル、クラブで活躍。55年からオールドボーイズ・オールスターズのリーダーとなり、テレビやコンサートに出演。エバグリーンを率いて銀座のジャズクラブなどで定期的にライブを展開。この間、60年に日中ジャズ交流を実現し、上海で公演した。平成4年敬老の日にタンゴのバイオリニスト・松本信三と60年ぶりに競演。

没年月日
平成7年 5月12日 (1995年)

家族
息子=原田 イサム(ジャズ・ドラマー),原田 忠幸(ジャズ・サックス奏者)

伝記
理屈じゃないよ気分だよ―ジャズドラマー・ジミー原田八十三歳の生涯人生いろいろ―大槻ケンヂ人生対談集 佐藤 美枝子 著宝島編集部 編(発行元 東林出版社JICC出版局 ’96’91発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジミー原田の関連キーワード尾上菊之丞(2代)小野重朗加古隆小西保二郎鈴木章治曾田範宗津高和一日野元彦松田智雄分部順治

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone