ジム コープリー(英語表記)Jim Copley

現代外国人名録2012の解説

ジム コープリー
Jim Copley


国籍
英国

専門
ロック・ドラマー

別名
Jimmy〉 ジミー〈Copley 別名=コープリー

グループ名
グループ名=マグナム〈Magnum〉

生年月日
1953/12/29

出身地
英国 サウスロンドン

経歴
父は音楽スタジオを経営し、母はピアノを嗜むなど、恵まれた音楽環境の家庭で育ち、早くから父の経営するスタジオでドラムの練習を始める。1970年代初頭にはUPPを結成し、父の知人であったジェフ・ベックのプロデュースでデビュー。同バンドでは2枚のアルバムを発表した他、ベックのバックバンドとしても活動した。解散後はセッション・ドラマーとなり、ベックをはじめとして、ゴー・ウエスト、ティアーズ・フォー・フィアーズ、プリテンダーズ、マーティン・ペイジらのツアーやレコーディングに参加。また、アン・ルイスのサポートバンドへの参加や、矢沢永吉、今井美樹らのアルバムでもプレイするなど、日本でも高い知名度を誇る。’88年親交のあった日本人ギタリストCherやアン・ルイスらとチャー&ザ・サイケデリックスを結成。’96年からはフリーやバッド・カンパニーのボーカルとして知られるポール・ロジャースのワールドツアーに参加している。2000年代以降はブラック・サバスのトミー・アイオミ、元ディープ・パープルのグレン・ヒューズとのユニットや、元ホワイト・スネークのバーニー・マースデン、ミッキー・ムーディー、ニール・マーレイによるM3のドラマーとして活躍。2004年ハード・ロックバンドのマグナムの正式メンバーとなった。2008年ベック、マスデン、ピーター・コックス、Cher、小島良喜、ポール・ジャクソンらをゲストに迎え、初のリーダーアルバム「スラップ・マイ・ヘッド」を発表。同年来日公演を行った。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android