コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャイアント・ステップス

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャイアント・ステップス

ジャズのスタンダード曲。作曲:ジョン・コルトレーン。原題《Giant Steps》。1959年に自身のカルテットで初演、翌年リリースのアルバムのタイトル曲となった。

ジャイアント・ステップス

サックス奏者、ジョン・コルトレーンの、1959年録音・1960年リリースのジャズ・アルバム。アトランティック・レコード。シーツ・オブ・サウンドと称されるテナー奏法で知られる作品。原題《GIANT STEPS》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ジャイアント・ステップスの関連キーワードハード・バップ・ジャズレックス ハンフリーズジョン コルトレーンハリー ウィタカー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャイアント・ステップスの関連情報