ジャイアント・ステップス

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャイアント・ステップス

ジャズのスタンダード曲。作曲:ジョン・コルトレーン。原題《Giant Steps》。1959年に自身のカルテットで初演、翌年リリースのアルバムのタイトル曲となった。

ジャイアント・ステップス

サックス奏者、ジョン・コルトレーンの、1959年録音・1960年リリースのジャズ・アルバム。アトランティック・レコード。シーツ・オブ・サウンドと称されるテナー奏法で知られる作品。原題《GIANT STEPS》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android