コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコウソウ(麝香草) ジャコウソウChelonopsis moschata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャコウソウ(麝香草)
ジャコウソウ
Chelonopsis moschata

シソ科の多年草。日本各地の山地の木陰に生える。茎は四角柱状でほぼ直立し,高さ 1m内外となる。葉は短い柄で対生し,長さ 10~20cmの長楕円形で質は薄く,あらい鋸歯があって先端はとがり,基部は耳形になる。夏から秋にかけて,葉腋に少数の淡紅紫色の唇形花をつける。花柄はごく短く,花冠は長さ 2cmほどあり,筒部が長い。茎,葉に一種の芳香がある。日本にはこのほか同属の近縁種として,長い花柄のあるタニジャコウソウ C. longipesや小型で茎が円柱状のアシタカジャコウソウ C. yagiharanaなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android