コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコテ Jaccottet, Philippe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャコテ
Jaccottet, Philippe

[生]1925
フランスの詩人。象徴派とリルケの影響下に詩作を始め,内面の声の一瞬の結晶としての単一性を重んじ,沈黙を基調とした背景のうえに浮び出る淡いイメージを定着する。詩集『梟』L'Effraie et autres poésies (1954) ,『無明の者』L'Ignorant (58) ,『小品』 Airs (67) ,『冬の光に』 À la lumière d'hiver (77) ,詩の時評『ミューズたちの語らい』L'Entretien des Muses (68) ,散文作品『夢の要素』 Éléments d'un songe (61) のほか,リルケ論もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジャコテの関連キーワードスイス文学

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android