コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャゴ jago

1件 の用語解説(ジャゴの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジャゴ【jago】

インドネシアのジャワ島において,闘鶏,転じてプンチャック,シラットなど伝統的武芸の達人のことをいう。武芸はジャワ神秘主義(クバティナン)の知,とりわけ不死身術にいたる方法とされ,このためジャゴは,ジャワ神秘主義の師(グル),イスラム塾の教師(キアイ)と並んで,世俗の権力秩序の外にある存在とされた。ジャゴは歴史的には,合法と非合法のはざまで,賭博,闘鶏などを生業とする者たちの総称であったが,今日では,ならず者いたずら者,はみ出し者を意味し,ハルス(優雅,洗練)とカサル(野卑,粗野)の二項対立を基軸するジャワの階序的社会秩序を超えたパーソナリティタイプの範疇となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャゴの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派ジャワ語スラバヤスリンバティックサマランバンタムジャガタラジャワ種 (Java)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャゴの関連情報