コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャゴ jago

世界大百科事典 第2版の解説

ジャゴ【jago】

インドネシアのジャワ島において,闘鶏,転じてプンチャック,シラットなど伝統的武芸の達人のことをいう。武芸はジャワ神秘主義(クバティナン)の知,とりわけ不死身術にいたる方法とされ,このためジャゴは,ジャワ神秘主義の師(グル),イスラム塾の教師(キアイ)と並んで,世俗の権力秩序の外にある存在とされた。ジャゴは歴史的には,合法と非合法のはざまで,賭博,闘鶏などを生業とする者たちの総称であったが,今日では,ならず者,いたずら者,はみ出し者を意味し,ハルス(優雅,洗練)とカサル(野卑,粗野)の二項対立を基軸するジャワの階序的社会秩序を超えたパーソナリティ・タイプの範疇となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャゴの関連キーワードナンジャモンジャゴケ何じゃもんじゃ苔ビジャゴス諸島マハーバーラタギニア・ビサウ東南アジア美術コケ(苔)植物ヒメジャゴケビジャゴ諸島ばってん荒川ごじゃごじゃ服部 新佐ジャゴケゼニゴケハラールコケ植物雌雄異株苔植物井上浩松浦綾

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android