コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャズ・ダンス jazz dance

世界大百科事典 第2版の解説

ジャズ・ダンス【jazz dance】

アフリカのダンスをもとにアメリカの黒人によって発達したダンスの一形式。ジャズリズムにのって腰の動きを中心として身体を動かす踊りは1910年ころから白人の間でも踊られ,キャッスル夫妻によりフォックストロットが案出された。20年代にはツー・ビートのリズムによるチャールストンが流行した。ジャズ・ダンスという言葉が使われはじめたのは27年ころからだが,20年代後半から30年代にかけタップ・ダンスが登場,その名手としてビル・ロビンソン,F.アステアらが出た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ジャズ・ダンスの関連キーワードマーシャル スタンズエアロビクス外崎ひめか外崎かんな池田あやこ山田せいら谷廣美津樹船越ミユキ長谷川みき黒田よし子西野 和子森脇亜紗紀浦野寛子三浦萌子白川璃沙武尾直美竹村真生小島法子馬場玲乃加茂智里

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android