コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャック・ダルクローズ Émile Jacques‐Dalcroze

世界大百科事典 第2版の解説

ジャック・ダルクローズ【Émile Jacques‐Dalcroze】

1865‐1950
ウィーン生れのスイスの音楽教育者,作曲家。1892年ジュネーブ音楽学校で和声理論の教授に迎えられた。その後音楽教育の欠陥を補うため,音と身体のリズムの一体化をねらうリトミックを案出し,教育の中に導入した。1911年,ドレスデン郊外ヘレラウにリトミック学校を創立したが,14年第1次世界大戦勃発で閉鎖,翌15年ジュネーブに学校を再開した。リトミックは音楽のみならず舞踊にも多大な影響を与えた。ヘレラウで学んだウィグマンは〈ノイエ・タンツ〉の創始者になり,ニジンスキーも創作の上で示唆を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジャック・ダルクローズの言及

【モダン・ダンス】より

…古典的なバレエ技法(ダンス・クラシック)に反発し,まったく新しい考え方に基づいて生まれたダンスの一様式。I.ダンカンを祖とし,1920年代のドイツで確立され,その後アメリカで発達をみた。〈モダン・ダンス〉という言葉は33年にアメリカの評論家マーティンJohn Martinが,ダンカンのフリー・ダンスfree dance(ニュー・ダンスともいう),ドイツのM.ウィグマンらのノイエ・タンツNeue‐Tanz(のちにモデルネ・タンツといわれた)やアメリカのM.グラームらのダンスを総称し定義づけたことに由来がある。…

※「ジャック・ダルクローズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャック・ダルクローズの関連キーワードマルタン(Frank Martin)ブロッホ(Ernest Bloch)エミル ジャック・ダルクローズランベール・ダンス・カンパニーM. ランバートモダン・ダンスノイエ・タンツダルクローズランバートランベール7月6日マルタン伊藤道郎ブロッホ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android