コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャマーロッディーン・イスファハーニー Jamāl al‐Dīn Isfahānī

世界大百科事典 第2版の解説

ジャマーロッディーン・イスファハーニー【Jamāl al‐Dīn Isfahānī】

1862∥63‐1908
近代イランの反専制・民族主義の説教師ハマダーンに生まれるが,父の死後テヘランに移住。イスファハーンで学問・修養を積むかたわら説教師となり,国産品の愛用と民族産業の育成を唱道。後にテヘランのシャー・モスクの説教師となり,激しい専制批判を展開し,初期立憲運動(イラン立憲革命)に大きな影響を与えた。カージャール朝のシャーのクーデタ(1908年6月)によりテヘランを脱出するが,捕らえられ殺害される。同志数名との共著《正夢》はカージャール朝支配体制の腐敗を鋭くついた専制批判の書として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャマーロッディーン・イスファハーニーの関連キーワードジャマールザーデ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android