コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャミング信号

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ジャミング信号

Ethernetにおいて、コリジョン(衝突)状態を検出したときに、送信側が出す特別な信号。あるノードデータを送信しようとしてデータを伝送媒体上へ送信を開始したとき、他のノードからもデータが送信されるとケーブル上でコリジョンが発生する。コリジョン状態を検出すると、送信側では、送信しているデータを確実に取り消すために、データの送信を中止し、ただちにジャミング信号と呼ばれる特別な信号を一定時間送出する(一定時間送出するのは、コリジョン状態を確実に全ノードに通知するため)。伝送媒体上の各ノードはこのジャミング信号を受信すると、現在受信中のパケットを破棄する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ジャミング信号の関連キーワードギガビットEthernet広域Ethernetフレーム間隔時間ロバート・メトカルフェ10GbE10BASE-T高速Ethernetブロードバンド方式1000BASEISCSI

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android