コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャミール Jamīl

世界大百科事典 第2版の解説

ジャミール【Jamīl】

?‐701ころ
ウマイヤ朝時代のアラビア半島ヒジャーズ地方の詩人。詩才で名高い遊牧部族ウズラUdhra族の出身。同部族の女性ブサイナButhaynaを愛し求婚するが拒絶される。他に嫁いだ彼女を,なおも慕い,会い,詩に歌い続けたために,部族を追放され,イエメン,エジプトを流浪し,彼女への純愛を詩に託しながら死去した。後世,ジャミールとブサイナの悲恋物語の主人公となり,またその詩風は一連のガザル詩の砂漠的純愛的傾向を代表し,彼の出身部族の名をとってウズラ派と称されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャミール
じゃみーる
Jaml
(?―701)

古代アラビアの純愛詩人。ジャミールとはアラビア語で「美しい」の意。メディナ市の北方に生まれる。少女ブサイナと恋仲になり、恋愛詩を歌う。しかし彼女の一門に結婚を反対され、他の女性との結婚後もなおブサイナを求めて訴えられ、一時イエメンへ逃れた。その後エジプトへ行って総督をたたえる詩をつくった。純愛と青春の代表詩人として、その詩は現在も民衆の間に愛唱される。[内記良一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジャミールの関連キーワード大宝調老人事業所税イスペリフセルギウス1世ヨハネス6世懿徳太子墓永泰公主墓大化改新

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャミールの関連情報