コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャヤバルマン[7世] Jayavarman VII

世界大百科事典 第2版の解説

ジャヤバルマン[7世]【Jayavarman VII】

1125ころ‐1218ころ
カンボジアのアンコール朝最後の隆盛期の王。在位1181‐1218年ころ。仏教徒ダラニーンドラバルマン2世の息子。諡号(しごう)マハーパラマソウガタ(〈偉大な至高の仏教徒〉の意)のとおり,仏教を篤信していた。内乱,王位簒奪(さんだつ),東隣のチャンパの侵入(1177)で混乱した国内を再統一し,1181年に即位した。90年に宿敵チャンパを討ち,1203年カンボジアに併合した。さらに近隣諸国を制圧し,北はラオスのビエンチャン付近から南はマレー半島北部まで,西はメナム川上流域まで席巻し,インドシナ半島の中央部をその勢力範囲とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジャヤバルマン[7世]の言及

【アンコール朝】より

…アンコールとは〈都城〉を意味する梵語ナガラのクメールなまりで,王都の後世の呼称である。 アンコール朝は,群雄割拠状態の国内を統一し,802年に登位したジャヤバルマン2世に始まる(インドラバルマン1世の877年から,あるいはヤショーバルマン1世の889年から,という説もある)。ヤショーバルマン1世(在位889‐910ころ)はアンコールに1辺4kmの環濠都城を造営し,王にちなんでヤショーダラプラと呼称した。…

【カンボジア】より

…真臘は3,4世紀ころからメコン川中流域よりダンレック山地を越えて広大な平野部へ南下し,扶南を吸収合併,7世紀前半には現在のカンボジアの範囲を領域とした。政治は地方拠点プラ(城市)の連合体制で,そのため隆替が激しく,705年ころ水真臘と陸真臘に分裂,国内は群雄が割拠したが,ジャヤバルマン2世が802年に新王朝を宣言した。
[アンコール時代]
 アンコールの地に王都を定め,約550年にわたり都城と寺院を次々と造営し続けた時代で,それらがアンコール遺跡にあたる。…

【真臘】より

…王都の伊奢那城(現在のサンボール・プレイ・クック遣跡で,コンポントム州にある)は,王が謁見する大会堂と戸数2万以上の大城であり,国内には30あまりの大城があったという。639年にはバババルマン2世が在位し,息子のジャヤバルマン1世Jayavarman I(在位657‐681)が南部のメコン川デルタ地帯までを征服し,国内を統一した。しかし後継者不在のため,まもなく国内は群雄が割拠する状況となり,中国史料によると,神竜年間(705‐706)に水真臘と陸真臘(別名は文単)に分裂した。…

※「ジャヤバルマン[7世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャヤバルマン[7世]の関連キーワードハインリヒ[5世]ダビト[4世]ハインリヒ[5世]ハインリヒ5世欽宗ザリエル朝ATSC方式ハインリヒ5世

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android